LIXILのCMは、なかなかツボを押さえていると感じました。

“リフォームを贈る”というキャッチコピーを聞いて振り返ると、唐沢としゆきが出演しているCMで、キッチンのリフォームを奥さんにプレゼントした様子で、そのピカピカ豪華なキッチンを、唐沢(旦那)の方が気に入っていて使っているというシーン。

それはもう、大きな邸宅のアイランドキッチンなので、もともとリフォームする必要なんてあったの…?と、ちょっとしらける、いわゆるCMですが。

今まで、奥さんにスィート10ダイヤモンドを贈るとか、亭主が定年の日に奥さんに花と旅行を贈る、とか、いろいろCMで見てきましたが、リフォームを贈るというのは、確実に奥さんは喜ぶでしょうし(まあ、人にもよりますが)
でも、今までになかった高額でも絶対喜ばれるプレゼントとして、もってきたな、とリフォームの新しい売り方に、関心しました。

宣伝文句というものは、つい、奇をてらったものや、ツボをおさえてやるぞ、っと構えてしまうものですが、
案外、可能か不可能かは置いておいて、希望をそのまま言葉にしてみると、それが新しいスタイルとなって、一人歩きし始めることがあるかもな、と感じました。

Comments are closed.