お金って、何だろう・・・

今日、フリーマーケットに出品者として参加したのですが、いつも思うことがあるんですよねー。
「お金って、何だろう・・・」という・・・。

うまく言えませんが・・・値切る人はたくさんいるんですが、タイプが2種類いて、
「明るく値切る人」と
「人をいやな気持ちにさせる値切り方をする人」と。

ほとんどが前者で、「まとめて買ったらいくらになりますか」とか、「どうしても欲しいんですけど、○○円にしてもらえないですか」という感じ。
売ったほうも「大事にしてもらってね~」と明るく見送ることができるのですが、
たまにいる後者は(ほとんどが女性。でも年齢はばらばら)
「こんな商品(って本当に言うんですよ!)残して帰ったってしょうがないでしょ!」
「○○円(超強引な価格)でいいじゃない!いいでしょ!!はい○○円!もらったわよ!」
という感じで、売った後いや~な気分が残るのです・・・。

そんなに強引に「こんな」商品を手にして、満足ですか?「得した」と明るく思えるんですか??
と問いかけたい・・・。

しかもそういう人って絶対、(店番が)子供でも同じ態度とるんですよね(怒)大人として恥ずかしくないの!?

そういう違いってどこから来るのでしょうか。本当に不思議です。
人をそこまでさせる、「お金」って、なんだろう・・・

Comments are closed.